「ペット」

飼い主がいない間、ペットは何をしているのだろう。そんなペットの知られざる生活を描いた物語です。飼い主との絆や、ペット同士の友情など、笑いや感動がたくさんの詰まった作品です。人間がいない時に動き回るというのは、「トイ・ストーリー」と同じ設定です。雑種犬マックスは、アパートで飼主のケイティと幸せに過ごしていました。マックスは、幸せな生活が壊れる日が来るとは考えてもいませんでした。ある日、飼主のケイティが大型犬デュークを連れてきたことから、二匹の上位争いが始まります。ペットを飼ったことがある人には、感情移入できるストーリーです。いびきに効くサプリメントはこちらがおすすめ

「ペット」

マディソン郡の橋

かなり古い映画ですが、今でも繰り返し観たくなる映画です。なんといってもクリント・イーストウッドが素敵です。渋くてワイルドで見事な演技です。
ただの不倫映画ではありません。そこにいきつくまでのメリル・ストリープの気持ちの葛藤、女性の心をこれまた見事に演じきっていて、私はこの映画でメリル・ストリープの大ファンになりました。本当にロマンティックに大人の恋愛というものを描いている作品だと思います。
人生において映画を見て体が震えるほど、感動したのは初めてでした。
DVD等でもう10回以上は観ましたが、何度観ても、色あせることのない名作です。ベジママは楽天でなく公式ページで購入を

マディソン郡の橋

図書館戦争

図書館戦争はメディア良化法という青少年へ悪影響のある情報を含んだり権利を侵害するものを取り締まる法律であり、検閲を法的に認めてしまったことから始まり、日野の悪魔というメディア良化委員会に賛同する有志団体が図書館を襲撃した事件から生き残った副館長が図書隊を設立したことを背景としています。良化隊は銃器などの過激な検閲をしていますが、図書隊は「守るために戦う」ことを念頭に置いています。良化隊と図書隊の闘いには警察も司法も介入しないので常に不利な状況の中、図書隊が表現の自由を守るために戦う姿には信念を貫き通す大切さを感じました。また、主演の岡田准一さんは修斗などの武術のインストラクターの資格を持ち、劇中の近接アクションは見入ってしまいます。私が1番カッコいいと思ったのは相手の攻撃を避けると同時に相手を蹴る「あびせ蹴り」です!また、岡田准一さんが演じる堂上教官は訓練時や職務中は怖い感じですが、榮倉奈々さんが演じる笠原が昔助けてくれた図書隊の人を「王子さま」と言うと動揺してしまう姿や劇中ラストの笠原の頭をなでるシーンはギャップがあってより作品を面白くしていると思います。この話はフィクションですが、メディア良化法が実際に実現したらこの世界はどうなるか、などと現実世界として考えることもできる奥深い映画だと思います。医療脱毛ならアリシア池袋がおすすめです

図書館戦争